【intro】 イトウワカナの悲喜こもごも

http://intro-sapporo.com/


★★ intro 「ブルーマウンテン号の卵と間違い探し」
8.18〜8.21 @札幌・ターミナルプラザことにパトス
  
★★コンカリーニョプロデュース公演「親の顔が見たい」演出2016年秋 



誰のせいそれはあれだ

新作を作っている。

「ブルーマウンテン号の卵と間違い探し」というタイトルをつけた。

このたびも、良き俳優陣と、良きハンサム陣に囲まれて、のびのびとやっております。

自分で作ってるんで、おもしろいです、としか言いようがないんですけど、おもしろいです。

音楽が作りたいんですけど、

ついでに言うと、明日も生きていけるような作品をつくろうといつも思っているので、

なんか明日からマジきついかもしんねぇというような方はぜひ劇場へどうぞ。

さらに突き落としたらごめんなさいね。

 

 

さて、待望の夏である。

わたしは、夏が好きだ。

いや、いとうわかなは夏の生き物、と言ってもいい。

身体的にも、ちょっと小汗をかいているくらいがちょうどいい。

もちろん、だぶだぶの汗でもいい。

呼吸も、肌も、なにもかもがラクだ。

ビールもうまいし、外も気持ちいいし、雨だって最高だ。

なにせ、夏なのだ。

生き物という生き物が喜ぶ夏なのだ。

わたしの身体のすべての細胞が最高に喜ぶ夏なのだ。

 

そんなわけなので、冬はダメだ。

冬は生きてゆくだけで精一杯だ。

連日の雪、雪、雪かき、寒さ、冷え、暗さ、なにしたって滑る道路、などなど、

精神的余裕、などひとつもない。

なので、冬には一切の創作活動はしない。

その方向で今後も生きてゆこうと考えている。

 

というわけで、すべての創作活動は夏に行うわけだがしかし、遊びたい。

外でビール飲みたい。

肉も焼きたい。

ポケモンGOだって夜中にプラプラしてやりたい。

窓全開で車でどっか行ったりしたい。

ダムの放水とか見てキャーとか言いたい。

海とか行って、足が砂だらけだ〜とか言いたい。

サマージャム95ばりに、テッキーラ!したい。

 

と、毎年思いながら、

ああ〜あそびてぇなぁ〜とか言いながら、

汗だくで稽古しています。

 

そういう願いを若干叶えてくれたのが、先日行ったプレビュー公演だったんですけど、

終わって速攻呑めるのはほんとうに幸せでした。

あんまりあの感じを引きずると、

劇場っていうものとの相性が悪くなるので、もう置いていきますけどね。

 

今日もがんばったあとは、ビールが待っているのでがんばります。

 

のんだくれみたいになってしまった。

だって、夏だから、夏だから。

夏のせいだから。

 

- comments(0) trackbacks(0)
坂本祐以
坂本祐以という女優がいるんですけど、
わたしは「選手」とふだん呼んでいまして。
なぜ、選手、かというと、選手っぽいんですね。何かが。
何かが、っていうか、彼女、たたかっているんです。何かと。
何とたたかっているのかは、まぁよくわからないんだけど、
いつも戦闘モードなんですよ。
だからなんだと思います。

そんな選手が、結婚しました。
なんていうか、わたしは親戚のおばちゃんポジションなので、
あらぁ〜なんつって、
選手のかわいらしい姿をみては涙を流し、ぐいぐいと酒飲んでればいいポジションなんですけど。
まぁ、そういうふうに、結婚パーティーには参加したんです。
その日、わたしは、選手のことを、「ゆい」と呼んでいました。
たたかっていない彼女をみたんだと思います。
あの日だけは、「選手」とは呼べなかった。

2年前のちょうどいまごろ、
「SO−SU」という作品を、彼女のために書きました。
相当アタマのおかしな作品ですけど、わたしも彼女も「SO-SU」が大好きです。
彼女が、ずっとできる演目になればいいなと思ってつくりました。
彼女の何かになればいいなと思っていました。
何かになったかはわかりませんが、
1年前に名古屋で観た「SO-SU」は、わたしが思ってもいなかったところに到達していて、
これから先の「SO-SU」を、少しみました。
きっと年をとった坂本祐以の「SO-SU」は、とてつもなく良いものになるだろうなと思っています。
わたしは、その日を待ちわびることにしました。
選手、とまた呼べる日が、とても楽しみです。
ゆい、おめでとう。



 
- comments(0) trackbacks(0)
ローレライ
思うところあって実家2泊。

思うところあって、というが目的はない。
祖母と話をする、とか、母と話をする、とか、
犬を愛でる、とか、そういうことをしに行ったので、
特に何もせずに過ごす。
やはし、暇な時間はあるので、
妹の部屋に置いてあった、「動物のお医者さん」をひたすら読む。

そこに行かないとわからないっていうのはほんとうだなぁと
ごくごく単純なことなんだけど。

祖母が、「ローレライって曲、あるでしょう」と言っていた。
うんうん、て聞いてたけど、
正直、どんな曲がわかってないので、あとで調べる。
- comments(0) trackbacks(0)
食卓全景 ご報告
あけましておめでとうございます。

今だ2015年の話をしたりします。

食卓全景は札幌、東京と無事終了。
ご来場のお客様、応援してくだすった方々、時間堂のみなさん、
皆々様、ありがとうございました!

おかげさまで食卓全景は、
佐藤佐吉賞のいくつかの部門にノミネートされました。 
優秀脚本賞にイトウワカナ、優秀助演女優賞に小林由香、
優秀宣伝美術賞に本間いずみ、優秀舞台美術賞に高橋詳幸、と4部門で評価を頂きました。
幸い。嬉しい。

わたしは、脚本で評価をされたことがなかったので、
単純に、嬉しいです。
ああ、がんばろう、と思える賞を頂けるのは、ほんとうに嬉しいです。
がんばります。


では、東京の思い出。








かっこいい京成のロゴ

すいません。どんどん電車が好きになります。
たまりません。







数少ないintroファンであられる吉田くん。
その吉田くんが差し入れを届けにきてくだすった。
ほんとにありがとうございます!!!
そのまま王子小劇場のustに出ることになってしまった吉田くん。。
無茶ブリしたのにほんとにありがとう、、、
いつも、ちからをもらっています。







対バンの時間堂からの贈り物!!
ありがとうー!

時間堂が、「言祝ぎ」の出張上演をしてくれました。
ほんと、よかった。おもしろかった。
その夜、我々食卓チームは中華を食べながら酒を呑み、
「演劇だったなぁ。。。」と興奮気味に話したのでした。
そのあとに続く言葉は、
「俺ら、音楽だなぁ。。」です。
王子小劇場の北川さんには、「ポストロック劇団」と言われまして、
積極的に使っていこうと思っています。
演劇だった!演劇にしてくれてありがとう!時間堂!







そこにホワイトボードがあったから、、
はじめてしまった背比べ。。
王子の北川さんが大将だよな〜(とても大きい)と思いきや、
時間堂のみのりさんが大将でした。(マジとても大きい)







は!と朝方目が覚めたら、朝焼けでありました。
これ撮ってまた寝たんですけど。

わたしだけ、電車通勤をしました。
都電荒川線に乗って、劇場に通っていたんですけどね。
なんか、あれに乗らないとね、って気持ちになるんですよ。
あれがあるなら、毎日乗らないと。
スピード感とかが、わたしにはちょうど良く。
ほんとに、お年寄りと子どもしか乗ってないんですけど。
東京の働き盛りのひとにとっては遅い乗り物、なんだそうだ。
まぁ、帰りはね、、
酒飲むから終電間に合わないので、京浜東北とか乗って帰ってましたけどね。
なんせ、、せせこましいんだ、、

とても落ち着いた東京ライフになったのは、
都電のおかげもあるし、そういう電車が走ってる街に滞在できたこともある。
慣れてきたせいもあると思うけど、
それこそ、チューニングをあわせるには、よい条件がね、たくさんあるんですよ。
王子小劇場でやると、そういうものがたくさんあって、よい。







は!と目が覚めたら、地上は真っ白でありました。。
三度見ぐらいしたんですけど、
一度目は見てすぐ、「うーわ」て声がでました。
それほど、この景色はわたしにとって、ガーンと落ちるというか、、
何度見ても慣れない。
ああ、そういうところに生まれたんだなぁと、
最近では認めてるし、納得もしてますけどね。。
冬はまだ慣れないですけど。(34年目)




帰ってきてからは、
連日、稽古場の片付けをしてました。忙しかった。。
4年?5年?使っていた稽古場を一度出ることに決めたのです。
モノは置かない主義にしてたとは言え、
まぁいろいろ出て来るもんで。
最後は大晦日に清掃工場に運び、終了しました。

場所との別れは、なかなか感慨深いものがあるなーと、思います。
だいたいの時間、わたしここで過ごしてましたしね。そりゃね。
またこういう場所を持てたらいいなぁと思いつつ、
細々と演劇を作っていくことができたらなあとも思いつつ、
いろんなところでいろんな人に演劇見てもらえたらいいなぁと思いつつ、


演劇、とか言って、
音楽、なのかもしんないですけどね、これは、ほんと、いよいよ、
なんだかわかんないもの作ってんじゃないかっていう気が、
今回でしてきましたよ。
それでいいんですけど。

また近々、ここに書きます。

ではみなさま、
今年も良き年になりますよう!





 
- comments(0) trackbacks(0)
ロシアの山
「蒸発」の夏が終わり、
なんかいつの間にか、寒くなってきていて、
次の新作のことを、ぽちぽちやったりしていて、
(まぁ、書けてはいない)
合間に、良い時間が挟まれたりして、なんとも複雑な心境で、10月を迎えました。
いいけど、いくない。


書くことについて。
ここ数年、「書く」という行為からは、ちょっと、いや、だいぶ離れて演劇をつくっていたので、
「書こう!」としたわりに、妙に緊張して書けてはいない。
基本的に、書きたくて書き始めたわけではないので、
書くってことがどういうことだったのか、よく理解していなかったりする。
自分自身の妙な勢いがいつもある中で書いていたのは事実なので、
そういうものがないときに、如何にして書くのか、という、
新しい書き方をやろうとしている。
これはもう、しっかり、意思を持って。
もうわたしには、妙な勢いで書くことはないかもしれないと思う。
これまでの約10年とはすでに違ってしまっている。
その作法でやろうったって、違うのだから、難しい。
と、いうことは、だ。
ド素人なのだった。
もうほんとに、これは、ド素人である。
(個人の感想です)
もう違うのだから、何も参照することが、ない。

ところで、
今までもっとも、意味がわからない上になんかムカついた感想は、
「ワカナは疲れているので、休んだほうがいい」
「ワカナはプレッシャーを感じているので、休ませてあげたい」
という、大変大きなお世話な類いのご感想だったわけですが、
次に言われた場合には、
そうですねぇ、そういう御発言が疲れますねぇと鮮やかに返したいものです。
振り返ってみれば、
もう、違ってしまっている、ということをいち早く感づかれた故の御発言かもしれないのですが、
それでも、言ってはいけないラインというものがあってだな、と思ってしまうわたしは、
非常にそのへん、懐が狭いです。
認めますけど、狭いです。
これは昔からなのですけど、
ねぇ!あなたどんなひとなの!みせてみせて!と、ずかずか上がってこられるのは別にいやじゃないんですが、
じゃあ、あなたどんなひとなの!みせて!とこちらが行ったときに、敷居もまたがせないようなひととは、
なかなかお付き合いが難しいなぁと、思っているタイプです。
だったら、玄関前の会話をしようぜと思います。
いや、なんかそれたな。
それたというか、
何かをつくるということは、絶対的に、みせてるので、
それをいいことに、勝手に上がって茶をすするな、みたいなことで。
内覧までって言ったはずだけど!?
写真も撮っていいけど!Facebookに書くのもいいけど!けどねぇ、飲食禁止だよ!的な。
全然、コレじゃない感満載の例えを乱発しました。すいません。
なんでこんなことを書いてるかというと、厄よけみたいなもんです。


この数日間、
妙に山を見ることが多かったのですけど、
マジ、山すげー!!!と興奮するんですけどね、山。
数日前のこと、
山!いい景色!な某地、
偶然、その場に居合わせたわたしの母ほどの女性が、
「景色がすばらしいねぇ、山もすばらしいねぇ、山、ありがたいねぇ。ありがとう〜」と山に感謝するのをみていて、
ほう、となりました。
山に感謝して生きていけたら、まったく生活かわるだろうなぁ、と。
いいなぁ、そういうの、いいなぁ、と、
思う傍らで、
ああいうひとが、のど自慢とか出るんだなぁ、などと思ってしまったもうひとりのわたしは、
非常にクズだけど、こっちのわたしも好きだなぁと思います。






 
- comments(0) trackbacks(0)
隙間
だいたい、一公演終わると、
部屋というものは悲惨なことになっているのが常でして、
悲惨な部屋を横目に見ながら、毎日出かけ、
(だいたい、昼仕事行って夜稽古して、ほとんど家にいないのに、
なんであんなことになるのかが不思議で仕方ない)
バタバタとそのままツアーに出かけ、
演劇の疲れがとれたころ(だいたい1週間とすこしを要する)に、
ハタ!と家を見回し、おおこれではいけない、と思う。
すると、今回は連休がドバーンとそこにあったわけです。
もうやるしかないっしょ。
これなんとかしねーで、次の作品つくるとか、もうさ、ちょっと考えただけでヤダ。

いやーもう捨てた捨てた。
っていう感覚がすごくあって、満足である。
これは自分にとってとても新しい。
断捨離ってやつじゃないんだ。
断捨離、興味ないというか。
断捨離が自分にとってよいこととあんまり思わないというか。
わたしは、すごく忘れる人間なので、
モノがわたしの記憶を担保しているところがすごくあるし、
普段から必要なものが多い人間なので、
ないことのイライラのほうがやだ。
しかしながら、今回のお片づけ。
「いらないもの」を明確にできたことが、わたしにとって大きい。
これがたぶん、新しい。
いるかいらないかよくわかんないもの、って置いておくタイプだったんですけど、
よくわかんないから捨てちゃえ、っていうことができるようになっていた。
てことは、よくわかるものしか置かないようにしたいってことか。

なくしたと思ってたモノがいくつか出て来たのはとてもよかった。
が、好きなCD中身だけやっぱりない。
どこいったんだ。
たぶん、数年後に出てくるんだろうなぁと思う。
違うCDのケースに重ねていれちゃってわかんなくなるタイプのなくし方だと思うのだけど、
それで先日、フィッシュマンズ・宇宙日本世田谷がついに出て来たので、いつか出て来ると思っている。
はぁ、早く出て来てほしいなぁ。
どこに入れたのかなぁ。
この音源の量もどうかと思うので、どうにかしたいのだけど、
全部データ化っていうのはなぁ、考えるけどなかなかどうして踏み切れない。

部屋の準備もできたので、ぼちぼちやるかというところである。
あんなに「書けねぇよう!演劇なんてつくれねぇよう!」などと駄々をこねていたのだけど、
目の前にくるとどうしたって頭は演劇をつくろうとするのであった。
はぁ、しあわせっちゃしあわせ。
しあわせにしたいよ、ひとを。
などと、思ったりしますけど、できることしかできないので、
できることをやろうと思います。
身に染みて、身の丈が、身に染みて。

ところで、
先日の国会やそれにまつわる委員会のあれやこれやを見ていて、
言葉と身体のことをとにかく考えました。
言葉とはどこからくるのかと、あのひとやあのひとの演説を見ながら思うわけです。
言葉ってのも、身体なんじゃないかと思うわけです。
言葉をうまく使えないなら、身体を使えって、ちょっと思ってます。
実のところ、誰かになにかを伝えるっていうのは、そんなにたくさんの方法はないのかもなぁ。








 
- comments(0) trackbacks(0)
蒸発 おわった
intro「蒸発」
大阪公演も無事終了。

ご来場のみなさま、ほんとうにありがとうございました。
千秋楽、満席で迎えられ嬉しすぎました。

これにて、「蒸発」全14ステージ終了。
あーりがとうございました!!!!!



去年から、ヘンテコゾーンに突入していたわたしにとって、
「蒸発」を再演する、というのは、
今おもうととても良いことでした。
札幌でも、大阪でも、お客様に教えてもらったことが多すぎるるる。

今回の「蒸発」チームはほんともう、最高で、
ハンサムスタッフ陣は、
ここ数年のわたしたちのクリエイションで培ったいろんな感度を抜群に発揮してくれて、
近年稀に見るハンサムぶり。
そこに、近松ハンサムが加わってくれたことで、
なんだかいーいグルーヴがぼこぼこうまれ。
大阪から、札幌に2週間滞在してくれた近松にはほんとに感謝。いい弟です。
客演で初顔合わせの、
ミューズ・潮見君、ファンタジスタ・シュウマツザキ、みんなの孫・哲、
も、打てば響く3人で超いい仕事してくれました。
感謝。







大阪ラストナイトは雨で、
わたしたちにとっては最高の天気だねー。
横に見えるは、
introから一歩進んでるAメロの、sun!!ちゃんと加藤智之兄さん。
マジ、ふたりにも超感謝。
落ち着くわー二人いるの落ち着くわー。








仕込みは何故だか、ガチ袋持ったお兄さんたちがぞくぞくやってきてくれるという、、
ほーんとありがたいっす!!!
屈強なお兄さんたちのおかげでめっちゃ順調に幕をあけることができました。
ウイング寺岡さん、橋本くん、豊島くん、若旦那、溝渕さん、ほんとありがとうございましたー!
intro史上超豪華メンツ仕込み!!!!









sun!!ちゃんと呑んでたら三田村さんも合流。
ワーイ!!!!
今回、初めてお知り合いになりました三田村さん。
素敵なひと。
シューゲイザーの匂いする。
初めましてとか、再会もたくさんあって、
再会だけど、初めてこんなに喋った!って方もいらっしゃって、
ああ、嬉しい。

いろんなひとが仕込みにお手伝いに来てくだすって、
いろんなひとが観にきてくだすって、
ワカナ、愛されてるな!とよく言われた。
愛されて34年イトウワカナです。という冗談めいたキャッチコピーを、
このたびはフル活用させていただきましたけど、
いやいや、ほんと恐れ多い。
でも、ほんとありがたい。
犬と老人には愛されがちですけども!!
愛してくれるなら、のうのうと愛されるよ!わたしは!図々しいから。







こんな写真もあった。
坂口修一あにぃと、りえ臓せんせ。
珍しい組み合わせ。
この日、スターウォーズティシャツのひと多かったな・・・
修一さん、ほんといつもありがとう!!!

修一さんとほっしーと、よしこちゃんと香織と、
アイ・ワカナ博をやったのがそれこそ4年前、、だよな。。。
大阪公演は今回と同じ1stでした。
懐かしさとはなく、なんでわたしここ知ってるんだろう〜とか思ってた笑
やってるわ、一回。
あれからもう4年か、。。早いな。。。
あれぐらいから、いろいろと関西の演劇のみなさんとはじまって、
やっと去年から劇団で作品持っていけるようになって、
やっとだなぁ〜!というのもあるんですけど、
「蒸発」やってみて思うのは、やっと始まった感じがするってことです。

今回、1stとはすごく仲良くできた感じがして嬉しかった。
よい劇場。









消えもの探しついでに街をちゃんと楽しむ。
いい写真。

言ってもそんなに写真も撮らずに、
わたしはだいたい劇場にいて、のびのび過ごしてました。

トークに出てくだすった、
戒田竜治さん、横山拓也くん、稲田真理さん、も、ほんとありがとうございました。
なんか、なるほどなーという話ができて、わたしは結構、目からうろこでした。ぼろぼろ。
拓也くんに、苦労しろ、と言われたので苦労したいと思います。
そう言ってもらえて、ほんとよかった。

まだまだ続くなーと思えたことが、おおきいこと。
やっとこびりついていた疲れが取れたような感覚があります。
楽しいことがしたい。

さて、次。




 
- comments(0) trackbacks(0)
さまそう
今年も予定通りに、お盆が終わり気温の下がる北海道ですが、
もうほんと勘弁してほしい。
もうちょっと夏を延長してもらいたい。

intro「蒸発」札幌公演が終わりまして、
(ご来場の皆さま、ありがとうございました!!!)
わたくしどもは次の大阪公演の準備を始めております。

の、前に。
よれよれの身体を引きづりつつも、
RSRへ遊びに行く、という強行スケジュール。
大阪からの音響刺客・近松の蝦夷ロッカーズデビューに立ち会いました。
あれだね。
RSRいいっすわ〜!!!て言ってもらえるのはほんと嬉しいもんですね。
RSRのなんなんだよお前はって話ですけどね。
自分が好きなものを他人にも好きだと言ってもらえることは嬉しいことだなぁ。

ceroを観たいがために、わたしは今回行ったのですけど、
とにかく素晴らしいライブでした。
終わったあと興奮さめやらず、
ひとをしあわせにしたい、、わたしも、、と口走りました。
そうやって自分に新たな呪いをかけてゆけばいいと思います。
あのライブのおかげで5年はがんばれます。
そういうものだよ、音楽というのは、わたしにとって。

先日うけたインタビューで、
「蒸発に共感したひと挙手」みたいなことを言っていたのですけど、
昨日、「共感しました」という猛者女子にお会いしました。
「共感なんですか?」ときくと、
「わたしにとっては共感です」とおっしゃった。
「だって、ああなりますもん」と。
なるほどなぁ。
また、知らないところに連れてってもらえたなぁ。と、ありがとう。

観てくだすった方がわたしに話してくれることは、
わたしからはとてもとてもみえないことが多くて、
ほんとに、びっくりするやら嬉しいやら。
そういうことをお話してもらえる環境も嬉しいのだけど、
ひとのものになることがほんとうに嬉しいなぁと、最近は思っております。
他方では、相変わらず順調にディスられてはおりますので、まぁいいバランスだ。
ただ、わたし自身の傾向として、否定的なものを信じる、という癖があるので、
それはちょっと変えないとなぁと思っている。
否定的であろうと肯定的であろうと、間違っているものはある。
そのことを、忘れがちだなぁと思う次第。

やりたいことやればいいよ、というのも信じないことにしようと思っている。
わたしにはそのアドバイスみたいなものはあまり向いていない気がしている。
や、とても重要なことなんだけど、
やりたいことやれすぎるから、ここは。

もうひとを呪って生きていかなくていいから、通気性がよくなって過ごしやすい。
方や、それがべったりと張り付いていたから、なきゃないでどうしたらいいかよくわからない。
慣れるしかないとも言える。特に恐れる必要はないのであるがしかし、
生活に張り付いたただの癖は、けれどもただの癖というにはなかなかに粘着質なものである。
理由はひとつじゃないのだ。
いろんなものが折り込まれて今になってるわけで、
その糸の出所は、探そうとしてもなかなかたどり着けないのだが。
たどり着かなくてもいいのかもしれないけど。
けど、邪魔臭いものは切っておきたいじゃないか。

どんどん忘れてゆく。
ついこないだのことも、どんどん忘れてゆく。
ふつうに、そこにあったものがなくなってゆくことがたぶん怖いことで、
もちろん、ここまでもどんどんなくしてきたのだけど、
今あるものが、そういうふうになってしまうこと、に怯える気持ちはたぶんあって、
わたしはとても飽きっぽいし、薄情な人間だと自分で思っているので、
なんかそういうことだよなぁと、けども、それも変えてかねーと先がねーぞっていう。
じゃあ、先ってなんだよ?っていう。
ふうに、ちょっと前まではなってたんだけど、
今は違うんだよなー。




 
Check
- comments(0) trackbacks(0)
| 1/111 | >>