【intro】 イトウワカナの悲喜こもごも

http://intro-sapporo.com/


★★ intro 「ブルーマウンテン号の卵と間違い探し」
8.18〜8.21 @札幌・ターミナルプラザことにパトス
  
★★コンカリーニョプロデュース公演「親の顔が見たい」演出2016年秋 



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
テーマをきめました
今回の演劇大学。
6人の演出家が生徒になって、いろいろ研究するのですが、
わたしだけ、ぐっとキャリアがないわけです。
それでも参加を認めてくだすったみなさんにはとても感謝しているわけですが。

ええと。
今回あつかう、テキスト、というか、研究テーマ、を決めました。
先日、羊屋さんとのミーティングの中で、
けっこう、さっくりと決まってしまいました。
自分がどこに向かいたいか、とか、
今、自分が抱えている問題、とか、
不明瞭なのです。
だいたい、まだひとつしか作ってないわけです。
なんつうか、もう、
問題しか見当たらないわけです。
得意、不得意もわからない。
これかな〜みたいのはあったけれども。なんでしょう。
そういいきっていいものか、という迷いとか、
もろもろが邪魔をいたします。
それでも。おおきな問題、とかはちゃんと理解してますよ。
なわけで、
すきなものを、無理なく、やる。
という方向でやらせてもらうことにしました。
正式にいえば、
「すきだとおもっているものを」でしょうか。

R.D レイン
という、精神科医で詩人のひとの作品を使います。
レインにいきついたのは、
岡崎京子がレインの作品を漫画化してまして(邦題:好き?好き?大好き?)
岡崎京子にいきついたのはー
正式にいえば、音響のM瀬さんが話していたからなんですけど、
でもちょうどそのとき、
小沢健二ばかりきいていたわたしにはとてもよいタイミングで
岡崎京子とレインに知り合えたのです。
なんていうか、
自分ちにポップカルチャーの巨匠勢ぞろい、みたいな感覚です。
でもまぁ、
レインは詩人ですから。
むずかしいのです。むむむ。

今回のわたし研究のメインテーマは、
ことばがすること、しないこと、
できること、できないこと、
といったようなことです。
ことばの限界にちかづいてみようと思っています。
もっといえば、恥ずかしさの限界に近づいてみる、といいますか。
ことばの限界、というものを知りたいな、とは常々思っていて、
役者を長いことやっていたせいかもしれません。
ことばって結局、無意味なものだなと思います。
しかし、その可能性を信じなければいけないときもあるのだと思うのです。
そこに、一歩ふみこみたい。
そういう意味で詩を扱う、というのはなんともよいことのような気がしています。

それだけじゃなく、
今回は、わたしが演出家として進んでいくための、
いくつかのわたし自身の問題点も大きなテーマになっています。
まぁそれはおいおい。

- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://intro51.jugem.jp/trackback/3
<< NEW | TOP | OLD>>