【intro】 イトウワカナの悲喜こもごも

http://intro-sapporo.com/


★★ intro 「ブルーマウンテン号の卵と間違い探し」
8.18〜8.21 @札幌・ターミナルプラザことにパトス
  
★★コンカリーニョプロデュース公演「親の顔が見たい」演出2016年秋 



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
2011 → 2012

 年の瀬です。
そんなこと関係ないね、と言わんばかりに、
わたしは昨日ものすごく眠りました。
信じられないほど眠りました。
そして今日は台本を書いています。
すばらしい。

せめて、今年のクリエイションを振り返ろうと思います。

 

・2月 サッポロショウケース
intro「抱けないあの娘」

大高一郎とわたしの二人芝居。
ハレンチロマンチックコメディ。
作品からは想像できないほどの硬派な稽古。
辛かった。
しかし、これはやっておいてよかったなぁと思います。
名作だと自分では思っている。
いろんな意味で。
またどこかでやりたい。すっごい疲れるんだけど。


・5月 INDEPENDENT札幌予選 
 9月 INDEPENDENT札幌公演
今井香織「アフリカ産オスジロアゲハのメス」

今井香織嬢の一人芝居。
ヘタすりゃ一回しかやらない、という作品。
その後、縁あって、何度もやることになりましたが、
これは作ってて面白かったです。
自分でも大好きな作品です。
何回みてもグっとくる笑
あたらしい香織を見たくてつくったこれ。
みれてよかった。できてよかった。


・7月〜9月 
 INDEPENDENT SEASON SELECTION JAPAN TOUR
榮田佳子「0141≒3088」大阪、東京、札幌、沖縄

全国4か所で公演。
これに参加できたあれこれは非常に大きいです。
榮田佳子嬢がめきめき強くなっていく過程を見れたこととか、
各地のお客様に会えたこと。
各地の俳優や作家さんたちに会えたこと。
何をとっても宝。
大阪は大事な土地になりました。
また行くでー。


・8月 劇団イナダ組「マーブル2011 ハシビロコウのように」

俳優で久々に出演。
イナダ父さんとご一緒させてもらえてうれしかった。
ずいぶん昔のことのような気もするけど、夏のはなしかぁ。
俳優やるにあたり、舞台カンみたいなものがあるんですけど、
まだ腐ってなくてほんとによかった。。
まだいけます!


・11月 intro「蒸発」

札幌劇場祭 演出賞をいただきました。
みなさま、ほんとうにありがとうございます。

10回公演。
長くやってわかったこといっぱい。
また長いことやりたいなぁ。
この作品でひとつの評価をいただいたということは、
わたしとしても大きなことで。
とても自信になりまする。
次もがんばりまする。
面白かったなぁ。
わたしは、自分の観たいものを作っているので、
どうしたって自分の作品は超おもしろいんです。
そのバランスが比較的よかったと思う作品です。
演劇的な挑戦といったような、そういう欲求と、
うるせーおもしろいことやれよ、というような、欲求と。
もっとやりたいね。


・11月、12月 アイ★ワカナ博 札幌、大阪公演

ひょんなことから決まってしまったこの企画。
長いことやってきた榮田佳子の0141〜と、
今井香織のアフリカ産〜を、
大阪のハンサム俳優、赤星マサノリ、坂口修一がやるという
ふたつの作品の締めにはふさわしい企画となりました。
大阪のお客様には、こんな赤星さんと坂口さんが見れるなんて!と
嬉しいお言葉もいただき感涙。
作り方の違う俳優とできたことはよかったなぁ〜。
とても面白かった。
ひとり芝居つくったら、大阪で見てもらわなアカンねん。

 



そして、すでに来年のクリエイションにかかっております。
1月と3月は北海道舞台塾シアターラボに参加が決定。
青森は渡辺源四郎商店の畑澤聖吾さんをドラマドクターに迎え、
「言祝ぎ」という作品をやります。
1月はプレ公演。
3月は本公演。
ちょっと作る過程をお見せする感じになります。
ぜひぜひいらしてくださいねー。
今、めっちゃ台本書いてる。


6月頭にはintroの本公演。
9月にはそれをひっさげて、東京公演だ!
こまばアゴラ劇場の汎−PAN2012 というフェスティバルに参加します。
11月にはintroの本公演。

合間に、なにかあるかもしれません。

来年ももりもり働くぞー。

いつも、前へ前へと進みたいと思います。
そして、それを受け入れてくださるお客様、
ほんと、ありがとうございます。
さらに、前へと進みます。



ということで、
本年もintro、およびイトウワカナをご愛顧いただきまして
まことにありがとうございました。

来年は、良き年になりますよう。
愛と笑いに溢れた年になりますよう。
願ってやみません。


ラフラフ!

&ダンスミュージック!
来年も、素敵な音楽を、ともに鳴らそうぞ。


2011.12.31 イトウワカナ

- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://intro51.jugem.jp/trackback/716
<< NEW | TOP | OLD>>