【intro】 イトウワカナの悲喜こもごも

http://intro-sapporo.com/


★★ intro 「ブルーマウンテン号の卵と間違い探し」
8.18〜8.21 @札幌・ターミナルプラザことにパトス
  
★★コンカリーニョプロデュース公演「親の顔が見たい」演出2016年秋 



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
0528





今日はこんなかんじ。
なにこれ


火曜日は、東海林くん、Anokos、美術・かわさきくんが勢揃いの日。

東海林くんのワークショップ。
今日はひとに触りたいけど触れないムーブの日。
そこから、それで覚えた体感をもとに、シーン構成。

役者のパーソナルスペースが狭くなっていく。
いいねぇ、いいねぇ!
東海林くんの進行はほんとうに勉強になる。

終了後のテクニシャンズ会議中も、
わたしはあれやこれやと言葉を並べて、
はぁ、なるほどと川崎が図を書いて、
Anokosがふむふむ、とうなづき、
いっせいが参考動画を探していたりする横で、
東海林くんは身体を使って実感に落とし込み中で、
四つん這いになっていた。
なんとも愉快。
あらゆる方向から、こういうことができる、ああいうことができる、
というのは、なんとも刺激的。
こういう流れのものをつくりたい、とか、
こういう考えかたでシーンを作りたい、とか、
そういう希望がわたしにはあって、
それを具現化する方法を、みんなでああだこうだ言い合う感じ。
これだと、こういう見え方になっちゃわない?
これだと、ダメじゃない?
とか話しつつ、
蓄積していく。
この作業が重要なのだ。最近は。


稽古はねぇ、
ベネトンの広告だよ!とか、
しほちゃんの足下は砂浜!とか、
森田はいまロサンゼルス!とか、
やってたら、
なんかガールズ圧巻な感じになってた。
坂本ゆいがうつくしい〜。
てか、みんなかわいい〜。

わたしは、
どこをうてば響くのか、まだ探ってたりする。
うてば響くひとも出てきているので、
乱打にならないよに。
人がいっぱいいるから、いっぱつでしとめたい。

てか、ベネトンの広告!とか言ってる現場も、
テクニシャンズに見てもらえるのはひじょうに嬉しい。
くだらないことの張り巡らせぶりとか、
知っててもらうことはとてもいい。


そういうつくり方をしてるので、
人がいないとダメなのさ〜。
時間とか手間がかかることをしてるのは知ってるけど、
そういうものが作りたいのだもの。


先日のエントリは、妙にたくさんの方が読んだみたいで。
(ありがとうございます)
わたしはわたしの現場でやることやって、がんばるですよ。
おもしろ作品をつくるですよ。




- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://intro51.jugem.jp/trackback/808
<< NEW | TOP | OLD>>