【intro】 イトウワカナの悲喜こもごも

http://intro-sapporo.com/


★★ intro 「ブルーマウンテン号の卵と間違い探し」
8.18〜8.21 @札幌・ターミナルプラザことにパトス
  
★★コンカリーニョプロデュース公演「親の顔が見たい」演出2016年秋 



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
蒸発 おわった
intro「蒸発」
大阪公演も無事終了。

ご来場のみなさま、ほんとうにありがとうございました。
千秋楽、満席で迎えられ嬉しすぎました。

これにて、「蒸発」全14ステージ終了。
あーりがとうございました!!!!!



去年から、ヘンテコゾーンに突入していたわたしにとって、
「蒸発」を再演する、というのは、
今おもうととても良いことでした。
札幌でも、大阪でも、お客様に教えてもらったことが多すぎるるる。

今回の「蒸発」チームはほんともう、最高で、
ハンサムスタッフ陣は、
ここ数年のわたしたちのクリエイションで培ったいろんな感度を抜群に発揮してくれて、
近年稀に見るハンサムぶり。
そこに、近松ハンサムが加わってくれたことで、
なんだかいーいグルーヴがぼこぼこうまれ。
大阪から、札幌に2週間滞在してくれた近松にはほんとに感謝。いい弟です。
客演で初顔合わせの、
ミューズ・潮見君、ファンタジスタ・シュウマツザキ、みんなの孫・哲、
も、打てば響く3人で超いい仕事してくれました。
感謝。







大阪ラストナイトは雨で、
わたしたちにとっては最高の天気だねー。
横に見えるは、
introから一歩進んでるAメロの、sun!!ちゃんと加藤智之兄さん。
マジ、ふたりにも超感謝。
落ち着くわー二人いるの落ち着くわー。








仕込みは何故だか、ガチ袋持ったお兄さんたちがぞくぞくやってきてくれるという、、
ほーんとありがたいっす!!!
屈強なお兄さんたちのおかげでめっちゃ順調に幕をあけることができました。
ウイング寺岡さん、橋本くん、豊島くん、若旦那、溝渕さん、ほんとありがとうございましたー!
intro史上超豪華メンツ仕込み!!!!









sun!!ちゃんと呑んでたら三田村さんも合流。
ワーイ!!!!
今回、初めてお知り合いになりました三田村さん。
素敵なひと。
シューゲイザーの匂いする。
初めましてとか、再会もたくさんあって、
再会だけど、初めてこんなに喋った!って方もいらっしゃって、
ああ、嬉しい。

いろんなひとが仕込みにお手伝いに来てくだすって、
いろんなひとが観にきてくだすって、
ワカナ、愛されてるな!とよく言われた。
愛されて34年イトウワカナです。という冗談めいたキャッチコピーを、
このたびはフル活用させていただきましたけど、
いやいや、ほんと恐れ多い。
でも、ほんとありがたい。
犬と老人には愛されがちですけども!!
愛してくれるなら、のうのうと愛されるよ!わたしは!図々しいから。







こんな写真もあった。
坂口修一あにぃと、りえ臓せんせ。
珍しい組み合わせ。
この日、スターウォーズティシャツのひと多かったな・・・
修一さん、ほんといつもありがとう!!!

修一さんとほっしーと、よしこちゃんと香織と、
アイ・ワカナ博をやったのがそれこそ4年前、、だよな。。。
大阪公演は今回と同じ1stでした。
懐かしさとはなく、なんでわたしここ知ってるんだろう〜とか思ってた笑
やってるわ、一回。
あれからもう4年か、。。早いな。。。
あれぐらいから、いろいろと関西の演劇のみなさんとはじまって、
やっと去年から劇団で作品持っていけるようになって、
やっとだなぁ〜!というのもあるんですけど、
「蒸発」やってみて思うのは、やっと始まった感じがするってことです。

今回、1stとはすごく仲良くできた感じがして嬉しかった。
よい劇場。









消えもの探しついでに街をちゃんと楽しむ。
いい写真。

言ってもそんなに写真も撮らずに、
わたしはだいたい劇場にいて、のびのび過ごしてました。

トークに出てくだすった、
戒田竜治さん、横山拓也くん、稲田真理さん、も、ほんとありがとうございました。
なんか、なるほどなーという話ができて、わたしは結構、目からうろこでした。ぼろぼろ。
拓也くんに、苦労しろ、と言われたので苦労したいと思います。
そう言ってもらえて、ほんとよかった。

まだまだ続くなーと思えたことが、おおきいこと。
やっとこびりついていた疲れが取れたような感覚があります。
楽しいことがしたい。

さて、次。




 
- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://intro51.jugem.jp/trackback/887
<< NEW | TOP | OLD>>