【intro】 イトウワカナの悲喜こもごも

http://intro-sapporo.com/


★★ intro 「ブルーマウンテン号の卵と間違い探し」
8.18〜8.21 @札幌・ターミナルプラザことにパトス
  
★★コンカリーニョプロデュース公演「親の顔が見たい」演出2016年秋 



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
食卓全景 ご報告
あけましておめでとうございます。

今だ2015年の話をしたりします。

食卓全景は札幌、東京と無事終了。
ご来場のお客様、応援してくだすった方々、時間堂のみなさん、
皆々様、ありがとうございました!

おかげさまで食卓全景は、
佐藤佐吉賞のいくつかの部門にノミネートされました。 
優秀脚本賞にイトウワカナ、優秀助演女優賞に小林由香、
優秀宣伝美術賞に本間いずみ、優秀舞台美術賞に高橋詳幸、と4部門で評価を頂きました。
幸い。嬉しい。

わたしは、脚本で評価をされたことがなかったので、
単純に、嬉しいです。
ああ、がんばろう、と思える賞を頂けるのは、ほんとうに嬉しいです。
がんばります。


では、東京の思い出。








かっこいい京成のロゴ

すいません。どんどん電車が好きになります。
たまりません。







数少ないintroファンであられる吉田くん。
その吉田くんが差し入れを届けにきてくだすった。
ほんとにありがとうございます!!!
そのまま王子小劇場のustに出ることになってしまった吉田くん。。
無茶ブリしたのにほんとにありがとう、、、
いつも、ちからをもらっています。







対バンの時間堂からの贈り物!!
ありがとうー!

時間堂が、「言祝ぎ」の出張上演をしてくれました。
ほんと、よかった。おもしろかった。
その夜、我々食卓チームは中華を食べながら酒を呑み、
「演劇だったなぁ。。。」と興奮気味に話したのでした。
そのあとに続く言葉は、
「俺ら、音楽だなぁ。。」です。
王子小劇場の北川さんには、「ポストロック劇団」と言われまして、
積極的に使っていこうと思っています。
演劇だった!演劇にしてくれてありがとう!時間堂!







そこにホワイトボードがあったから、、
はじめてしまった背比べ。。
王子の北川さんが大将だよな〜(とても大きい)と思いきや、
時間堂のみのりさんが大将でした。(マジとても大きい)







は!と朝方目が覚めたら、朝焼けでありました。
これ撮ってまた寝たんですけど。

わたしだけ、電車通勤をしました。
都電荒川線に乗って、劇場に通っていたんですけどね。
なんか、あれに乗らないとね、って気持ちになるんですよ。
あれがあるなら、毎日乗らないと。
スピード感とかが、わたしにはちょうど良く。
ほんとに、お年寄りと子どもしか乗ってないんですけど。
東京の働き盛りのひとにとっては遅い乗り物、なんだそうだ。
まぁ、帰りはね、、
酒飲むから終電間に合わないので、京浜東北とか乗って帰ってましたけどね。
なんせ、、せせこましいんだ、、

とても落ち着いた東京ライフになったのは、
都電のおかげもあるし、そういう電車が走ってる街に滞在できたこともある。
慣れてきたせいもあると思うけど、
それこそ、チューニングをあわせるには、よい条件がね、たくさんあるんですよ。
王子小劇場でやると、そういうものがたくさんあって、よい。







は!と目が覚めたら、地上は真っ白でありました。。
三度見ぐらいしたんですけど、
一度目は見てすぐ、「うーわ」て声がでました。
それほど、この景色はわたしにとって、ガーンと落ちるというか、、
何度見ても慣れない。
ああ、そういうところに生まれたんだなぁと、
最近では認めてるし、納得もしてますけどね。。
冬はまだ慣れないですけど。(34年目)




帰ってきてからは、
連日、稽古場の片付けをしてました。忙しかった。。
4年?5年?使っていた稽古場を一度出ることに決めたのです。
モノは置かない主義にしてたとは言え、
まぁいろいろ出て来るもんで。
最後は大晦日に清掃工場に運び、終了しました。

場所との別れは、なかなか感慨深いものがあるなーと、思います。
だいたいの時間、わたしここで過ごしてましたしね。そりゃね。
またこういう場所を持てたらいいなぁと思いつつ、
細々と演劇を作っていくことができたらなあとも思いつつ、
いろんなところでいろんな人に演劇見てもらえたらいいなぁと思いつつ、


演劇、とか言って、
音楽、なのかもしんないですけどね、これは、ほんと、いよいよ、
なんだかわかんないもの作ってんじゃないかっていう気が、
今回でしてきましたよ。
それでいいんですけど。

また近々、ここに書きます。

ではみなさま、
今年も良き年になりますよう!





 
- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://intro51.jugem.jp/trackback/890
<< NEW | TOP | OLD>>