【intro】 イトウワカナの悲喜こもごも

http://intro-sapporo.com/


★★ intro 「ブルーマウンテン号の卵と間違い探し」
8.18〜8.21 @札幌・ターミナルプラザことにパトス
  
★★コンカリーニョプロデュース公演「親の顔が見たい」演出2016年秋 



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
蒸発 おわった
intro「蒸発」
大阪公演も無事終了。

ご来場のみなさま、ほんとうにありがとうございました。
千秋楽、満席で迎えられ嬉しすぎました。

これにて、「蒸発」全14ステージ終了。
あーりがとうございました!!!!!



去年から、ヘンテコゾーンに突入していたわたしにとって、
「蒸発」を再演する、というのは、
今おもうととても良いことでした。
札幌でも、大阪でも、お客様に教えてもらったことが多すぎるるる。

今回の「蒸発」チームはほんともう、最高で、
ハンサムスタッフ陣は、
ここ数年のわたしたちのクリエイションで培ったいろんな感度を抜群に発揮してくれて、
近年稀に見るハンサムぶり。
そこに、近松ハンサムが加わってくれたことで、
なんだかいーいグルーヴがぼこぼこうまれ。
大阪から、札幌に2週間滞在してくれた近松にはほんとに感謝。いい弟です。
客演で初顔合わせの、
ミューズ・潮見君、ファンタジスタ・シュウマツザキ、みんなの孫・哲、
も、打てば響く3人で超いい仕事してくれました。
感謝。







大阪ラストナイトは雨で、
わたしたちにとっては最高の天気だねー。
横に見えるは、
introから一歩進んでるAメロの、sun!!ちゃんと加藤智之兄さん。
マジ、ふたりにも超感謝。
落ち着くわー二人いるの落ち着くわー。








仕込みは何故だか、ガチ袋持ったお兄さんたちがぞくぞくやってきてくれるという、、
ほーんとありがたいっす!!!
屈強なお兄さんたちのおかげでめっちゃ順調に幕をあけることができました。
ウイング寺岡さん、橋本くん、豊島くん、若旦那、溝渕さん、ほんとありがとうございましたー!
intro史上超豪華メンツ仕込み!!!!









sun!!ちゃんと呑んでたら三田村さんも合流。
ワーイ!!!!
今回、初めてお知り合いになりました三田村さん。
素敵なひと。
シューゲイザーの匂いする。
初めましてとか、再会もたくさんあって、
再会だけど、初めてこんなに喋った!って方もいらっしゃって、
ああ、嬉しい。

いろんなひとが仕込みにお手伝いに来てくだすって、
いろんなひとが観にきてくだすって、
ワカナ、愛されてるな!とよく言われた。
愛されて34年イトウワカナです。という冗談めいたキャッチコピーを、
このたびはフル活用させていただきましたけど、
いやいや、ほんと恐れ多い。
でも、ほんとありがたい。
犬と老人には愛されがちですけども!!
愛してくれるなら、のうのうと愛されるよ!わたしは!図々しいから。







こんな写真もあった。
坂口修一あにぃと、りえ臓せんせ。
珍しい組み合わせ。
この日、スターウォーズティシャツのひと多かったな・・・
修一さん、ほんといつもありがとう!!!

修一さんとほっしーと、よしこちゃんと香織と、
アイ・ワカナ博をやったのがそれこそ4年前、、だよな。。。
大阪公演は今回と同じ1stでした。
懐かしさとはなく、なんでわたしここ知ってるんだろう〜とか思ってた笑
やってるわ、一回。
あれからもう4年か、。。早いな。。。
あれぐらいから、いろいろと関西の演劇のみなさんとはじまって、
やっと去年から劇団で作品持っていけるようになって、
やっとだなぁ〜!というのもあるんですけど、
「蒸発」やってみて思うのは、やっと始まった感じがするってことです。

今回、1stとはすごく仲良くできた感じがして嬉しかった。
よい劇場。









消えもの探しついでに街をちゃんと楽しむ。
いい写真。

言ってもそんなに写真も撮らずに、
わたしはだいたい劇場にいて、のびのび過ごしてました。

トークに出てくだすった、
戒田竜治さん、横山拓也くん、稲田真理さん、も、ほんとありがとうございました。
なんか、なるほどなーという話ができて、わたしは結構、目からうろこでした。ぼろぼろ。
拓也くんに、苦労しろ、と言われたので苦労したいと思います。
そう言ってもらえて、ほんとよかった。

まだまだ続くなーと思えたことが、おおきいこと。
やっとこびりついていた疲れが取れたような感覚があります。
楽しいことがしたい。

さて、次。




 
- comments(0) trackbacks(0)
さまそう
今年も予定通りに、お盆が終わり気温の下がる北海道ですが、
もうほんと勘弁してほしい。
もうちょっと夏を延長してもらいたい。

intro「蒸発」札幌公演が終わりまして、
(ご来場の皆さま、ありがとうございました!!!)
わたくしどもは次の大阪公演の準備を始めております。

の、前に。
よれよれの身体を引きづりつつも、
RSRへ遊びに行く、という強行スケジュール。
大阪からの音響刺客・近松の蝦夷ロッカーズデビューに立ち会いました。
あれだね。
RSRいいっすわ〜!!!て言ってもらえるのはほんと嬉しいもんですね。
RSRのなんなんだよお前はって話ですけどね。
自分が好きなものを他人にも好きだと言ってもらえることは嬉しいことだなぁ。

ceroを観たいがために、わたしは今回行ったのですけど、
とにかく素晴らしいライブでした。
終わったあと興奮さめやらず、
ひとをしあわせにしたい、、わたしも、、と口走りました。
そうやって自分に新たな呪いをかけてゆけばいいと思います。
あのライブのおかげで5年はがんばれます。
そういうものだよ、音楽というのは、わたしにとって。

先日うけたインタビューで、
「蒸発に共感したひと挙手」みたいなことを言っていたのですけど、
昨日、「共感しました」という猛者女子にお会いしました。
「共感なんですか?」ときくと、
「わたしにとっては共感です」とおっしゃった。
「だって、ああなりますもん」と。
なるほどなぁ。
また、知らないところに連れてってもらえたなぁ。と、ありがとう。

観てくだすった方がわたしに話してくれることは、
わたしからはとてもとてもみえないことが多くて、
ほんとに、びっくりするやら嬉しいやら。
そういうことをお話してもらえる環境も嬉しいのだけど、
ひとのものになることがほんとうに嬉しいなぁと、最近は思っております。
他方では、相変わらず順調にディスられてはおりますので、まぁいいバランスだ。
ただ、わたし自身の傾向として、否定的なものを信じる、という癖があるので、
それはちょっと変えないとなぁと思っている。
否定的であろうと肯定的であろうと、間違っているものはある。
そのことを、忘れがちだなぁと思う次第。

やりたいことやればいいよ、というのも信じないことにしようと思っている。
わたしにはそのアドバイスみたいなものはあまり向いていない気がしている。
や、とても重要なことなんだけど、
やりたいことやれすぎるから、ここは。

もうひとを呪って生きていかなくていいから、通気性がよくなって過ごしやすい。
方や、それがべったりと張り付いていたから、なきゃないでどうしたらいいかよくわからない。
慣れるしかないとも言える。特に恐れる必要はないのであるがしかし、
生活に張り付いたただの癖は、けれどもただの癖というにはなかなかに粘着質なものである。
理由はひとつじゃないのだ。
いろんなものが折り込まれて今になってるわけで、
その糸の出所は、探そうとしてもなかなかたどり着けないのだが。
たどり着かなくてもいいのかもしれないけど。
けど、邪魔臭いものは切っておきたいじゃないか。

どんどん忘れてゆく。
ついこないだのことも、どんどん忘れてゆく。
ふつうに、そこにあったものがなくなってゆくことがたぶん怖いことで、
もちろん、ここまでもどんどんなくしてきたのだけど、
今あるものが、そういうふうになってしまうこと、に怯える気持ちはたぶんあって、
わたしはとても飽きっぽいし、薄情な人間だと自分で思っているので、
なんかそういうことだよなぁと、けども、それも変えてかねーと先がねーぞっていう。
じゃあ、先ってなんだよ?っていう。
ふうに、ちょっと前まではなってたんだけど、
今は違うんだよなー。




 
- comments(0) trackbacks(0)
ゆっくり桃をたべたい
この感情はどう言い表すのが最適なんだろう?
ということは、ままあります。
誰かに伝えるためにでも、
言い表したい!というだけの欲求でも、まぁ、どちらでもいんですけど、
どちらにせよ、できるだけ的確に表したいなぁと思うわけです。
けどまぁ、超シンプルなこともあれば、超カオスなこともあって。
既存の言葉、知っている言葉、が確実にそのことを表現できるとは限らないよなぁとは思うわけで。

どうもうまく言えないこと、
をやりたいのだなぁと、お昼ご飯を食べながら思いました。
てゆか、
好きなんだなぁと思った。
気づいてはいたけど、なんだか今回ははっとしたという。

シンプルな言葉は便利だし、外れはしないし、だいたいあってるし、それでいいときもあるけど、
そうじゃないことが、わたしにはあってだな。

それは、シンプルな言葉で触るには柔らかすぎたり、脆すぎたり、小さすぎたりするので、
気をつけてあげないといけない。
お醤油どばーってすると、お醤油の味になっちゃうじゃないか。
そういうことさ。

尽くす。



34年生きてきて、
ほぼ初めての体験じゃないすか!?コレ!?ということがあった。
このことは、すごく身近なことな上に、
この年で初体験に近い、というのは世間一般には信じ難く恥ずかしいことなので、伏せます。
(わたしの名誉のため)
本人もすごく驚いているのですけど、
そんなこともあるんだなぁという備忘録、的な。
いや、どちらかというと、「祝・出来た」的な。
そしてそれはとても嬉しい。
そうかも、なんてぼんやり思ってたことが、行動としてあらわれてきたということなのだけど、
とても嬉しいことだったのです。
(あまりにボカして書いたのでなんだか卑猥な匂いですけど、エロいことではありません)


稽古は、明日から進み方が変わる、と思う。
楽しみ、だけど、
休まないともうダメな人になっているので、桃を買いました。
夏の休日の象徴。


 
- comments(0) trackbacks(0)
オーロラは見たことがない
音楽が届く。
今では率直に音楽として聴けることを幸福と思う。
わたしにとって大事な曲の音源は持っていない。
持っていなくてよかったなぁと思った。
終わり間際が最もうつくしい。
いつ切れるかわからない弦の音というのはある。
あやういバランスで引っ張り合って、
どこかでぷつんと切れてしまう。
その間際の、一瞬のうつくしさ。
これは、それだ。
とてもきれいだ。

わたしはずっと、これを作れやしないかと思ってきた。
し、作ろうとしていたけど、
きっとわたしにはもう作れないんだなとおもう。

同じころ、もうひとつ音楽が届いたけど、
そちらは違ううつくしさで、
彼はまたあたらしいものと出会ったのかと嬉しくなる。

いつだってそのひとの、いま、をかんがえる。
時間を、共有するということ。
 
- comments(0) trackbacks(0)
他人に愛される
東京では、時間堂が自前のスタジオ、十色庵toiroanの1周年記念。
そこで、「言祝ぎ」を上演しています。

自分が書いたものを誰かが演出する、ということはたびたびあるのですけど、
「言祝ぎ」は自分でもこれでもかってぐらいやっている作品なので、
なんだか感慨深いものがあります。
そもそも、半分ぐらいはあて書きで書いたはずだし、
introで上演する作品はintroのみで、と思っていたところもあるので、
こんなことになろうとは。はーおもしろい。

「言祝ぎ」とはいろいろあったけど、
ああわたし、言祝ぎ好きだわぁ、と、
世莉さんが送ってくれた時間堂版の映像見てたら思いました。
なんというか、付き合う時間が長過ぎて、
可愛さ余って憎さ百倍、みたいにはなっていたので。
時間堂に、世莉さんに、
わたしと「言祝ぎ」に距離を作ってもらえたなぁと思っています。
適切な距離があるでしょう、何事も。
それを失っては、見えるものも見えないし、触れるものも触れない。

自分が作ったものが、誰かの手によってどんどん遠くへ行くのが好きだ。
そのほうが豊かだと思っているのだと思う。
遠くへ行って、さらにそこで、新しい場所で、愛されるのならば、
そんな最高なことはないんじゃないかと思う。

戯曲というかたちで残っていくことは、
なるほど、とても豊かなことなのだなぁ!と体感で知るよね日曜の午後。
わたしには何かを残したい欲求がたしかにある。
ある、というか、これはたぶん、ここ1年ぐらいでできたことだ。
残すものはなんでもよい。
なので、遺伝子レベルでの話なんじゃないかと思っている。
かと言って、残すものはこれだ!と言えないのは、だって何も持っていないからで、
非常に奥歯のあたりがかゆいところである。
とは言え、
もう人生も長くねぇだろ、と思うので、積極的残し主義を押し進めたい。

他人に愛される、ということ、を、自分だけのものにしていないような感覚があるのだよねぇ。
箱にしまっとくものでもないというか。愛でたい。


そしてわたしは、
「蒸発」再演の稽古をしているのだけど、稽古場は汗まみれでやんす。
音を重ねまくっている感じ。
最終的には、リミックスしたものが出てゆくのではないかなーと思ってるけど、
どうなることかしらん。

夏。




 
- comments(0) trackbacks(0)
代謝
未だ何も出来ていないけれども、
冬の新作のことをぽちぽちとやっている。

いろいろ変化があって、
ぺりぺりと自らが剥がれてゆくような、へんてこな感覚がある。
これはもう、すごく面白いのだけど、
この、ぺりぺり剥がれていってるやつ、というのは、
もとからくっついていたものなのか、
何時からかくっついてしまったものなのか、まぁよくわからない。
ホントの自分が見えた!などとは言わないし、そもそも思わない。
そういうんじゃなくてだな、
剥がれた状態で、お外に居れるかという問題である。

このことは、これから作品をつくってゆく中で、
少なからず影響するのだと思う。
影響、というほどのものでもないのかもしれないけれど。
平熱でつくりたい!と去年は豪語していたのだけど、
それに近くなっていっている気がする。
平熱でつくりたい!と言っている間は、熱があったんだろうなと思う。
結構な高熱で、何年も居たのだと思う。
そりゃあ、体調も違うってもんよ。
身体が違えば、心持ちも変わりますからね。

ちなみに、脱皮という言葉は、的を得ていない。
中の人は大きくなっていないからだ。

変化を恐れない。
もっともっと変わりたい。
もう変わらないかもしれない。
それもまぁ、オーケー。

 
- comments(0) trackbacks(0)
水浸し
叔父の法要で父の実家のある街へ。
久しぶりに行くし、休みだし(!)ということで、
両親が札幌に帰るのを見送り、わたしは延泊。
レンタカーでぶいぶいと道東をさまよっていた。

わたしはたぶん、運転が好きだ。
まったく苦ではない。
なのでただただ走ることが結構よい時間になったりする。
ざっと230キロ。

天気が悪かった。
ので、どこに行ってもだいたいが、霧、と、霧雨、または小雨、だった。
が、目的地のすべてに水があったので、
上から降ってくるぶんはたいした問題じゃないと思った。
なんなら、潤う。
いいじゃないか。霧。

わたしは、湿気が好きだ。
札幌の夏は乾燥していて苦手だ。
年中カラカラしている。
湿気があるところのほうが、身体の調子がいい。

150キロぐらい走ったところで、
「蒸発」のことを考え始めた。
あれは、水、が大事なはなしだ。
そして、湿った話だ。
じめじめしたものをつくろう、としていたような気もする。
湿気は好きだけど、湿気によるじめじめした嫌なかんじも知っていて、
それを目指したはずだけど、意外とじめじめはしていなかったなぁと、思い出していた。
湿気っていうか、水。
水が、流れていかないこと。
そこに溜まりつづけること。
そういうような、こと。

帰ってきてから乾燥してるので、
お風呂にはいろうと思う。
デカいポカリスエットを2本買った。



 
- comments(0) trackbacks(0)
NEW!!!!
サンボマスターの「二つの涙」という曲が、どえらい好きで、
ジャパニーズソウルの最高峰。。とか思いながら聞いてるんですけど、
この曲を聞き出すととまらないんです。で、何周もしちゃう。
演奏がいいんだよ〜。
すげえいいスピーカーで聴きたい。

ぼくらに何もないのは知ってるよ
それでも君がなにもできないのはいやさ!


すげーハッピーな選曲でお送りしている本日は、
会社に入ってはじめての天然の連休のはじまりでして、
きょうから、5月、のうららかな愉快な日になる予定ですが、
誰がこんな日々を予測できたろう、、というほどの穏やかさで
まもなく朝を迎えます。
ただ単に寝れなくなっただけです。
AIR「LAST DANCE」は名曲ですが、
ずいぶん長い「4分半」を過ごしていたのではないかしら、と、
運転しながら思ったりしました。
おっもしろいもんだな、と。


復活・遊戯祭
審査員を頼まれちゃって、卒業生代表のつもりでやりました。
すごい楽しかった。。
いろいろ思いすぎて書くことがもうないんですけど、
ほんとやってよかったです。
最後は、じゃんけん決定戦になり、
わたしもじゃんけんで勝ったクチなので、非常に懐かしい、というか、
あの日がブワっとわき上がりました。
7年も前だ、そうで。
おいおい、introいつからやってんだ、、と驚きつつ、
まぁ、そうだよなぁ、となりつつ、
襟を正されたきもち。
若いみんなに正されたきもち。
良い作品をつくりたい。


未来のことが書きたいなぁと思っています。
もう何年も、そんなことは思ってなかったんじゃないかと思う。
未来のことを考えるのは疲れる。パワーがひつよう。
一回やったら、しばらくもういいやと思、、、っていたんだけど、
なんか、変わってきた。
健康なんですよ。健康。たぶん。

ありがたいことです。
ほんとに。
新しいことをしようとおもっていますの、34才。
ニューライフ。




 
- comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/112 | >>